【プレマリ】感情について学んでこなかったんだと思って取り組もう。

 

安東美紀子担当 ”Friday” です。

 

結婚が決まった2人、”プレマリ期”に 贈る、

「話しておきたいこと。取り組んでおきたいこと」

をシリーズでお届けします。

 

 

前回に引き続き、

知っておきたい”男女の違い、個々の違い”

【感情】

についてです。

 

 

私達には、感情があり、その感度や重要度は個々によって異なるわけですが、

パートナーと暮らしを共にする上では、

「感情については充分に学んでこなかったんだ」と思って、

自分の感情の取扱い、

そしてパートナーとの関係を育む上でのあり方を捉えると丁度いいのでは、と感じています。

 

夫婦カウンセリングの現場で、本当に本当によくあるのは、

「私は怒ってないですよ」

と、とーーーーーっても怒ってお話になられる。というシーン。

 

まず、自分の感情に気づいていないということ。

そして、次に、

ムカつくーーーー!!と、怒りに気付いたとして、

その怒りをどう処理して良いのかわからない、ということ。

 

 

結婚前後、忙しくても、たくさんの嬉しい!幸せ!といった感情を感じる機会が増える時期は、

感情に関して学び、取り組むチャンスです。

自分の感情とうまく付き合い、パートナーと感情のコミュニケーションを深める上で

おすすめの3つのポイントをご紹介しますね。

 

◉自分の好き!自分のガマン、自分のベキに意識的になる。

 

パートナーと暮らしを共にするタイミングや、

生き方を決断していくこのタイミングに、

・自分が何を好き!嬉しい!と感じ、

・自分が何に対してガマンをしていて、

それは知らず知らずに発動していることも多いので、意識的になり、

・自分が何を”すべき”だ、と規律していたり、ルールを持っているのか、

を、当たり前と思っているところから、疑ってみること。

 

私たちは感情と共にあり、

あまりにも自然に湧いてくるので、

それを俯瞰することなく、

周囲も同一だろうと思いがちです。

 

また、自分で自分に課しているルールは、

周囲に対して、それを破られた時の怒りのポイントになりやすいので、

それに対してもまずは、ただ、みてみることからはじめましょう。

 

きょう、心が動いた、好き・嬉しいを3つ、

最近気付いた自分の中にあったガマンを1つ

自分が持っている、自分ルール”べき”を1つ

 

メモしてみましょう。

 

◉もっと良いコミュニケーションの方法はあるかもしれない、と探る。

 

親(ちか)しいかんけいでは、境界線があいまいになります。

友人にはとうてい取らないような態度で、接してしまったり、

乱暴な伝え方になったり、

分かってくれて当然だという前提に立ってしまったりします。

また、

感情に気づき始めると、私はなんて我慢していたんだ!

これは解放しなくては!!と、相手に感情をぶつける形でコミュニケーションしてしまったりします。

けれど、

自分の感情を大切にすることはもちろん素晴らしいことですが、

自分の感情を大切にすることと、その感情をていねいに、相手に伝わるようにコミュニケートする

手段は別です。

 

よくカウンセリングの現場でも、

感情に目を向けるトレーニングを始めたら、

「私すごくがまんしていたことに気づきました」と、

感情を解放し始めるんだけれど、

「もう、好きなように行きます!」

と、一気にぶちまけ始めると、どんどん周囲とぶつかってしまい、

気付くと大切な人を不本意に傷つけてしまう。ということが起きそうになります。

 

これは、はじめて新しい道具を持った時期なんだ。

と捉えて、”感情を感じる” とは別のフェーズで、

”感情をコミュニケートする”技術もあるんだ、と知っておきましょう。

 

特に怒り。

日本人は怒りの扱い方に成熟している人は少ないし、

感じること自体を遠ざけている場合が多く、

いざ気づき始めると、

ぶつけるしか無い。 と思いがちです。

ですが、ぶつけるでも、がまんするでもなく、

しっかり感じながらも、”私は怒っている”ということを自分で処理したり、

パートナーを傷つけずにコミュニケートすることは可能です。

そういったやりとりを避けずに、ぜひ深めたい時期ですね。

 

◉自分で自分の機嫌をとることもできることを知っておく。

 

夫婦の間でとてもつらいことは、

相手の不在よりも、不機嫌な相手と一緒にいることだったりします。

 

あまりにも不機嫌なパートナーとは、どんどん一緒に過ごしたくなくなり、

距離が出来てしまいます。

女性は、無意識に不機嫌で何かに気づいて欲しかったり、

機嫌をとってもらうことで関係を修復しようとしてしまうのですが、

これはちょっと依存的なやり方なんです。

 

”あなたが私の機嫌を直しなさいよ。”

”○○が解決していないから、私の機嫌は変えられない。”

と思いがちですが、

実は自分で機嫌は直せます。

 

がまんする、あきらめる、ということではなく、

まず、自分の機嫌をとって立て直し、

何かやりとりしたい主題は、よりよいコンディションで行う。

そうイメージしてみてください。

よっぽどうまくいくんです。

 

まずは、自分の機嫌を取るすべをいくつか用意しておくのが良いですね。

そして、すごーく不機嫌な態度で接してしまった時には、

まず、それを、自分が選択したんだな。と後からでも気付くことからはじめましょう。

 

一方で、

ガマンがデフォルトで、機嫌を悪くすることもできない、

という方は、うまくいっている、というよりは、最初の、感情に気付くトレーニングからですね。

 

 

感情は、プラスの感情も、ネガティブな感情も、セットで幅を持ちます。

ネガティブな感情を押さえすぎると、幸福感も感じづらくなったり。

たくさん新しい感情や出来事と出会うこの時期に、

自分も、相手も、”学んでこなかったんだ”と思って、

感情のトレーニングに意欲的になってみるのはいかがでしょう。

 

 

 

 

【プレマリ】住まいと暮らし方について考える

こんにちは、安東秀海です。

前回の記事「家探しでパートナーを嫌いにならないために」に続き、結婚を控えたカップルがプレマリ期に知っておく、取り組んでおくと良い「住む場所、住宅について」考えてみたいと思います。

どんな家に住みたいのか?

 

理想とする住まいには、私たちの価値観と未来予想図が表れます。

新しい部屋で寛ぐ時間を想像し、駅までの道筋を思い浮かべて。結婚を控えたカップルであるならば、これから一緒に暮らすパートナーが、私の暮らしにどんなふうに馴染んでくるのか?を想像して。

思い描くのは「住まい」だけでなくそこで暮らすふたりの様子です。

別々の環境、それぞれの生活リズムで暮らしてきたふたりが、どんな風にお互いをマッチさせていくのか?は、間取りや駅までの所要時間以上に大切なのは言うまでもありません。

他人と暮らすイメージがつかない。

とは、結婚に踏み込めない理由のひとつとしてよく挙げられることですが、結婚を決めた後も、夫婦として時間も場所も、生活の全てを共有することに、少なからず不安を感じるという方もあるのではないでしょうか。
ひとりの時間が大切なのか?

夫婦でより多くの時間を共有したいのか?

あるいは仕事に集中できる環境に身を置きたいのか?

 

それぞれが住まいに求めるものは違います。

間取りや条件といった、物件の仕様について希望を出し合ったら、次は「暮らし方」についても、想いをシェアしておくことが大事。

 

朝食はパンか、ご飯か?

ゴミ出しはどうするか?

休日には何をして、平日の夜は何時くらいには帰ってくるか?

具体的な生活シーンを思い浮かべながら、ふたりの暮らし方について考えていきます。

 

この分野については、男性はとんと疎いというか、趣味や生活感のない理想にこだわりすぎる傾向があるようなので、女性がリードした方がうまくいくようです。
住まいについて考える事は、未来について考えることです。
そして、どんな家にしたいかは、どんな家庭を作っていきたいのか?と通じるところがあります。
暮らし方をイメージして、快適さや安全性を感覚的、理論的に吟味するのは女性が得意とする分野。

立地やスペックを吟味するのは男性に任せても、ここはしっかりリーダーシップを発揮されることをお勧めします。

 

ただし、自分の理想だけを通し過ぎてもうまくいきませんから、

思い描く設計図の中に、彼が描くための余白を残しておくことも、お忘れなく。

 

*****

今日も最後までお付き合いありがとうございました。

 

本ブログは、メルマガ配信も行っています。

メールで受け取って読みたい!という方は、ぜひ!

↓ 同日配信です。

こちらから、ご登録ください⇒ https://goo.gl/k8yUUr

*****

【プレマリ】感情について話せる土壌を作っておこう

安東美紀子担当 ”Friday” です。

 

結婚が決まった2人、”プレマリ期”に 贈る、

「話しておきたいこと。取り組んでおきたいこと」

をシリーズでお届けします。

 

 

前回に引き続き、

知っておきたい”男女の違い、個々の違い”

についてです。

 

きょうのテーマは、”感情” 。

私たちは、それぞれに、感情を感じる力や、感じ方、

感情を大切だ!と思う度合いや、

共感を求める度合いが異なります。

 

一般的に言われるのは、

女性の方が、感受性が強く、共感力も強い。

また、共感を求める想いも強く、寄り添ってもらえることで充足感や安心感を感じられたりします。

 

一方、男性は、感情よりも論理的で、

感情には鈍感な人が多く、

自身も共感されるよりも褒められたい、認められたいという人が多い。

という様なこと。

 

これは、とても大雑把な男女の括りで話していますが、

とはいえ、

周りをぐるりと見回してみると、

この傾向はある程度当てはまっていませんか?

 

 

また、男女と分類しなくても、

個々で、共感力の強さと、また、共感されることで満たされるという、

共感・感情への重要度は異なります。

 

まず、このことをお互いに認識することが大切です。

多くの人は、自分のバロメーターと、他の人とが同じだと

思いすぎています。

 

◉あなたにとって、感情に寄り添ってもらうということは、

どれくらい重要なことですか?

 

職場であった嫌なこと、女友達とのちょとしたトラブルを

パートナーに愚痴っていたら、

まっとうな解決方法を提案されて、

別にそんな反応が欲しいわけじゃないのに・・・

 

というシーンは、定番かもしれませんが、

 

”正しさ” の議論、 ”違い” について、 ”文化” について

ぶつかっている様に見えて、

実は、そこに隠れた感情を、本当の意味でシェアできたら、

全く問題にならないどころか、

より深く繋がり合える要素にしかならない、というようなことはたくさんあります。

 

お互いに感情のやり取りを、

ぶつけ合いではなく、

それぞれに自身と深く向き合いつつ、

ていねいにやりとりできる成熟さを持ち合わせたなら、

とても関係は豊かになっていきます。

 

そうひとっ飛びには難しいので、

まず最初は、お互いの違いを想定し、認識すること。

 

自分の感情を自分で深掘りする勇気を持ち、

もし、”ただちょっと聞いて欲しい” というシーンなら、

「ねぇ、ちょっと聞いて欲しいんだけど。何か、解決策が欲しいわけじゃなくって

ちょっと聞いて♡ただの愚痴なのは分かってるの。」

と、前置きをしてみること。

 

お互いの考え方の違いでぶつかり過ぎた・・という時には、

ちょっと、その奥にある自分の感情にアクセスしてみて、

例えば、

「なんだか自分が大切に扱われていない様に感じて辛かった」のか、

「尊重されてない様に感じる」のか、

はたまた、もっともっと昔の未完了な感情が顔を出したのか、

そのことを、

伝えてみる。

 

これは、とってもラブラブな結婚前後に

ぜひスタートしておきたい取り組み。

たくさんの年月を重ね、溝が生まれてしまった後では、

とても難しくなるんです。

 

 

◆レストランで、店員さんに対する態度が良くない。もっとていねいに対応すべきだ。

◆友人の前で、わざわざ私の批判をしなくてもいいじゃない。

◆コンビニで間食ばっかり買って、お金の無駄遣いよ。

 

といったことは、

事象について、どちらが正しいか、どうすべきか、を

ぶつかり合わせていっても、

実はダミーのテーマだから、

どちらかにモヤッとした感情が残ったりするけれど、

 

◆自分が何を感じているのか

を探って、差し出すことが鍵。

 

そしてスグにパートナーが求める反応を示してくれることを期待しすぎず、

それでも、感情のやりとりを深められる様に、

関係性の土壌をつくっていくこと。

 

ヒステリーにぶつけすぎると、相手が拒否反応を示し始めるのも

当然なので、

素直に、正直に感情を差し出すことは大切ながらも、

コミュニケーションのストロークには、

思いやりや、ていねいさも重要。

 

ここで「この人は、感情の話はできない」

「分かってもらうのは無理」

とあきらめて全くトライすることを辞めてしまうと、

そこで止まってしまう繋がりの深さや、生まれる溝も。

 

新たな側面をどんどん知り合うプレマリ期こそ、

感情のコミュニケーションができる土壌づくりのチャンスです。

あなたらしいアプローチを試してみてくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

【プレマリ】住む場所、住宅についてー家探しでパートナーを嫌いにならないために

こんにちは、

今日の担当は安東秀海です。

私たちにとって「住まい」というのは、一生ついてくる大切なテーマのひとつでもあります。

結婚するカップルが初めに決めることのひとつでもあるし、子どもができたとき、家族が増えるとき、また子どもが巣立った後等、「住まい」について考えることは、人生の節目と重なって、未来について考えるきっかけにもなります。

そんな、結婚生活において重要な「住まい」の事ですから、夫婦が衝突する原因になることも少なくありませんね。

不動産情報サイトsuumoとベネッセコーポレーションが行った調査によると、マイホーム購入をめぐり6割の女性が「夫にイラっとしたことがある」と答えているそうですが、その理由として目立ったのが、

・無関心で非協力的
・文句ばかりで動かない
・こだわり過ぎで進まない

という回答が多いようです。

無関心、というのは結婚式や二次会の準備で彼氏にイラついたポイントとも重なりますね。

どうも男性陣の多くは、結婚や新生活を前に主体的に動くことが少ないようです。

いっぽう「こだわり過ぎ」という意見も見られるところを見ると、住宅に関しては関心を示す男性も多いということでしょうか。「一国一城の主」に、なんて感覚の名残かどうかわかりませんが、経済的なことも関わる大きな決断だけに、やはり黙ってはいられないということなのでしょう。

いつもはコチラ任せで何にもしないくせに、こういう時だけ口出すわけ?というのもムカつくし、ふたりの家なのに無関心なのはもっと腹立つし。

と、豊かな未来を想い描いて幸せな時間にもなるはずの住まい選びで、夫婦の間に仲違いが生まれるのはちょっと残念なこと 。

結婚生活のシンボルでもある「新居」選びを通して、夫婦関係をより円満に育んでいく方法はないものか考えてみました。
まず、初めに押さえておきたいのが、それぞれの「住まい」に求めるものを明確にしておくこと。

ひとことで「家」と言っても、そこに求めるものには人それぞれです。

私達夫婦は、これまで4回の「住まい探し」を経験しています。
うち1回は大阪から東京への転居、も含みます。

引っ越し回数としては比較的多い方かな、と思っていますが、この間家選びで妻とトラブルになったことは1度もありません。

夫婦仲という観点からみれば、「住まい」探しには成功している、と自負していますが、成功のポイントはそれぞれが「住まいに求めるもの」が明確であったからだと思っています。

具体的には、

・陽当り最優先
・職場から60分、最寄り駅からは徒歩15分圏内
・最寄り駅には飲食店揃っていて賑やか

これらはひとつでも欠けるのはNG。

あと、

・リビングの広さ
・間取り
・階数
・設備

は適時検討、といった感じでした。

これ、当たり前のようでいて、お互いの希望を予め擦り合わせておくのって、案外出来ていないのではないでしょうか?

とりあえず物件を見てみて、、になってはいないでしょうか?
「書斎を持ちたい」
「自分の部屋が欲しい」

これ、男性が密やかに思っている住まいへの隠れた願望だそうです。

でも、多くの男性が、収入と予算とを鑑みて、それは贅沢だな、とあきらめていたりします。
また、

「子育てには郊外がいい」
「実家に近いと何かと助かるかも」

と思っていても、彼の通勤を考えると、、なんて、なんだか言い出しにくいこともあったりするかもしれません。
程度の違いはあっても、みんな住まいには、求めるものがあって、好みもある。
でもどこかであきらめたり、呑み込んだり、いらないフリをしたりして、ちょうど良い落とし所を自分なりに見つけて、住まい探しを始めたりしているのではないでしょうか?
そうやって、自分なりに折り合いをつけた分だけ、相方の希望に厳しくなることもあれば、家探しそのものにモチベーションが沸かない、なんてこともあるのかもしれません。

「住まい」探すということは、ふたりの未来のことを考える、ということ。

この先どんな生活をしたいか?

働き方、
育児、
趣味、
それぞれの両親、

そしてお金、

考えるないといけないことが山ほどあるからこそ、まずはあなた自身の望む未来を想い描いて、そこから住まいに求めるものを明確に、そして優先順位をつけておくことが大事。

自分の希望が明確でないと、
パートナーの希望にも耳を傾けられなくなってしまいます。

そしてそれぞれの希望が明らかになったら次は、「ふたりの求める住まい」をデザインしていきます。
もちろん求めるものが相反することもあると思いますが、間を取るにも、譲歩するにも、それぞれの優先順位が明確になっていれば、話もしやすいはず。
大切なのは、

お互いの希望が違うことを前提に
それぞれの希望をできるだけ多く叶えること

を基準にすること。

きっと理解してもらえない、
これはムリ、と話し合う前からあきらめることのないように。

全部テーブルにあげることが何より大事。
これから住まいを探すという時、また今の住まいをアップデートする、という時に、押さえておきたいポイントです。

 

*****

今日も最後までお付き合いありがとうございました。

 

本ブログは、メルマガ配信も行っています。

メールで受け取って読みたい!という方は、ぜひ!

↓ 同日配信です。

こちらから、ご登録ください⇒ https://goo.gl/k8yUUr

*****

【プレマリ】男女の違い・個々の違い – サプライズはお好き?

 

安東美紀子担当 ”Friday” です。

 

結婚が決まった2人、”プレマリ期”に 贈る、

「話しておきたいこと。取り組んでおきたいこと」

をシリーズでお届けします。

 

今回は、

知っておきたい”男女の違い、個々の違い”

具体的なストーリーからはじめていきたいと思います。

 

30代後半になると、かなりの結婚式に参列し、

色んなシチュエーションを目にします。

おめでたいせきで、いつも大きな感動に包まれますが、

あらあらあらあら、と、ちょっとしたトラブルを目にすることも、

ままあります。

そんなシチュエーションが生まれている場面は、

結婚披露宴での、”サプライズ” だったりします。

 

何を隠そう、私自身、結婚披露パーティーで、ブチギレし、

会場内では、何とか抑えたものの、パーティー後、かなりグロテスクなケンカをしました(笑)

私は、サプライズが、嫌いなタイプなんですが、

そう、ご想像どおり、

パーティー内で、友人と夫が企画した、”サプライズ”があったわけです。

友人は全く悪くないんです。

私がサプライズ嫌いだって、そんな情報あまり知らなかったでしょうから。

ただ、夫は違います。

かなり念を押して、

サプライズ嫌いであること、ウェディングパーティのプランは

自分たちでかなりタイトにスケジュールしたので、

そういった依頼はくれぐれも 断ってくれるように頼んでいたんです。

 

それなのに!それなのに!!サプライズは実行されてしまい・・・

 

ってなんだか、温かい友人の想いに、すごくヒドイ人間ですが、

私は、びっくりと、感動を、少しだけ、かろうじて演じつつも(あまり良い女優ではなかったと思います)

ガッカリがっかりしていたのです。

 

と、こんな人もいるのです。ということを知ってほしく、

苦い経験をご紹介しました(笑)

 

自分のストーリーを紹介しましたが、

結婚式・パーティーで花嫁がひどくガッカリしていたり、

トラブルにつながっているシーンを目にするのは、

この、サプライズ、がとても多いのではないでしょうか。

私の参列体験だけでも、いくつもあげることができます。

 

「相手がサプライズを喜んでくれるに違いない」と、

何の根拠もなく確信するのは、ちょっと危険です。

「自分ならこうされたら嬉しい」も、

当てはまらないこと、たくさんあります。

 

お互いに、もっともっと知り合って、言葉にして、伝え合っておくことで

解消できることもありますし、

まずは、

自分の想い・希望ははっきり伝えておくこと、

と、

その人の好みは、世間の多数決で決まるものではないので、

よくよく観察する。ということ。

 

なぜサプライズが嫌いなのか?これも人によって、色々だと思います。

みんな、違うんです。

 

そろそろクリスマスシーズンですが、

アメリカ等で買い物をすると、

プレゼントした商品が気に入らなかった時に交換できるように、

価格の入らないレシートが一緒についてきたりします。

はじめて見た時は、なんて画期的な!!と感動した覚えがありますが、

これは日本では定番ではないですね。

 

”感謝して受けとる”

もちろんこれも大切でなことですが、

自分が中心の人生、望まないものがやってくるよりも、

最高を受け取れるように、

準備しておくことも、もっともっと大きな幸せへの道ですね。

 

ちゃんと伝え、

そして相手は自分と同じだと思わないこと。

 

さて、あなたもちょっとチェックしてみてくださいね。

 

◉あなた自身 ”サプライズ” は好きですか?

◉ ー 好きな方は、どんなサプライズが最高!でしょうか?

◉ ー 好きじゃない、嫌い!という方は、どんなサプライズは、絶対に避けたいですか?

 

◉パートナーは、”サプライズ” が好きですか?

◉ ー そのことを確かめ、深掘りしてどんなシチュエーションが好きか、聞いたことはありますか?

 

そして、これが一番重要な質問ですが、

◉このことを、パートナーに上手くシェアできていますか?

 

 

 

「男女の違い・個々の違い」 次回に続きます。