時間が解決・・・してくれないこともある。

 

安東美紀子です。

 

感情には、時間軸がない。と言われたりします。

これはカウンセリングや、セラピーの世界では、

ある程度共通認識的に捉えられている概念でもあって、

 

あの時感じた”悲しみ” や、 あの時感じた”怒り” が

しっかり感じ切られず、未消化なまま残っていると、

随分時間が立ってから、ポコッと、

まるでその感情が、「ちょっと、これ、ちゃんと癒やしてよ」

と言わんばかりにでてきたりするんです。

 

え?ピンと来ない、という方も、

たとえば、

今起きていることではないのに、

プンプン起こっている人や、

あの時の大きな喜びを、また今感じられたりすることは、

異論はないかと思います。

 

ただ、感情というのは不思議で、

やっかいで扱いきれないから、とか、

社会生活を平穏に過ごすために、

また、

そうせざるを得ないほど辛すぎて、といった理由で、

感じない様に、切り離したり、押さえ込んだりしていると、

だんだん、麻痺してきます。

ただ、これは、ネガティブな感情だけを抑えていたとしても、

ポジティブな感情も、ネガティブな感情も一緒に、感じなくなっていくのです。

 

この抑圧がずーっと続いて、鬱へと繋がる方も多いですね。

 

そうして、カウンセリングや、セラピーでは、

過去を振り返り、

未処理な感情を扱うことで、

人間らしいイキイキとした感覚や、”今ここ”に生きることを

取り戻したりしていく、ということが、あるわけです。

 

さて、夫婦関係において。

コミュニケーションが、とりわけ難しくなる時、というのは、

この、

蓄積した感情が、

こんがらがっていることが多く、

 

また、より親密な関係だけに、

少し遠慮が外れてネガティブな感情を荒っぽいまま、

表現してしまうことも多いのです。

 

これは、2人の関係で起きた出来事にまつわる感情もあれば、

自分が生まれ育って、出会うまでに感じてきた感情であることもあります。

 

感情は層の様になっている、と言われ、

じっくり向き合ってみると、

すごく怒っている、と思ったのだけど、

その下には、すごーく深い悲しみがあった、

というようなこともあります。

 

「あの時大切に扱われなかった、あんな風に言われた」

ということを思い返していくと、

「あー、私さみしかったんですね」と、

あのころの感情に再開して、

納得感を持てると、今この瞬間の感情がシンプルになり、

なんだか「生理的に無理!」となってしまった相手に、もう一度「愛情がわく」

なんてことは、本当によく起きるのです。

 

そんな中お伝えしたいこと。

 

過去の感情を処理しよう、ということではなく、

それらを全部キレイにしなきゃ!というのは、無謀な挑戦で、

あまり必要もないこと。そこにこだわりすぎるよりも、

 

関係が、とても良いうちに、

ネガティブな感情のコミュニケーションも、

取れるようにしておくこと

 

 

夫婦関係がこんがらがってしまったり、

穏やかにコミュニケーションが取れなくなったり、

パートナーに過剰に嫌悪感を感じる、というようなケースでは、

 

ちょっと踏み込んだ感情、ネガティブな感情のコミュニケーションが

とっても不得意な方が多いのです。

 

日本の美徳でもあったからかもしれません。

がまんすること、

感情を露わにしないこと、

相手のために、と、自分を抑えること。

 

ここを超えて成熟した関係に進み、

豊かな関係を築くには、

ちょっと踏み込んだ感情のコミュニケーションを、

取れる安心感と、向き合う勇気、

そしてお互いに受け容れる余裕が大切です。

 

また、これをいわゆるラブラブ期、ロマンス期、という、

恋愛感情が薄くなったり、なくなって、情的感覚が強くなる時期に入ってからは、

モチベーションが不足したりするのです。

 

良い時期に、わざわざ、ネガティブなトピックスは持ち込まず、

目をつぶってやり過ごしたい。

という方も多いですし、

 

ケンカはとにかく嫌なので、と、

腫れ物に触るように、不満や、不安も隠す方もいるのですが、

永く関係を構築していく中では、

 

結婚前、結婚初期の様な、いわゆる ”いい時期”にどれだけ

向き合いはじめることができるか、

何かあっても大丈夫な関係や、安心感を築いておけるか、は重要です。

 

「ちょっと違和感」を大切に、

この時期にある方は、ぜひ、コミュニケートしてみてくださいね。

 

そしてもちろん、ケンカを売ろう!ということではなく、

この時期らしい、スイートな方法でアプローチを初めてみるのがおすすめです。

 

すごくネガティブな想いがあるけれど、

ま、時間が解決してくれるだろう、というのは、

そうでもないことも多いのです。

感情的なままに、早急すぎる扱いをする必要もないのですが、

一拍置いて、残っているわだかまりは、できるだけ、

シェアしてみると、

未解決のまま封印して、発酵してしまうようなことなく、

そして、2人の経験値としての一歩が築かれていきますね。