ハートをひらくということ。

 

”恋に落ちる36の質問” に関連して色々とお話してきましたが、

体験された方は感じると思うのですが、

”ハートをひらくこと”

このことの重要性。

 

恋に落ちる上でも、心を閉ざしたままでは、始まらないし、

心を開いて、自分の深い部分にもアクセスする時に、

相手ともつながえりあえたり、感じ合えたりするんですね。

 

結婚生活をはじめる2人に対して、

私たちが”プレマリ” の活動を始めようと思ったのは、

まさにここあにあります。

 

ハートが開きやすく、

トピックスさえ手に入れることができたら、

大きな心の抵抗を越える必要もなく、

コミュニケートできることがありますね。

 

けんかさえも、お互いをを分かり合ったり、

分かり合えないと知ったり、違いを知ったり、

関係を深めてくれる様なものになるわけです。

 

 

極端な話をすると、

お互いに、ハートを開くことなくして、

親密な関係を築くことは難しいでしょう。

表面的な条件の合致や、好みの一致だけで

何十年も、生活を一緒にするには、

越えがたい様な面倒なこともあるわけですね。

 

 

現代では、選択肢がたくさんあります。

結婚していなくても、社会的に認められないということはまずないし、

”結婚のメリット”も、経済的にはない場合も多く、

”健康に対しての貢献”も、関係が良い場合に限る、

(しかも若年層にはあてはまらないという調査結果も!)

という状況です。

 

ですから、結婚しないという選択も大いにあるでしょうし、

結婚していないから、不十分である、と感じる必要は全くありませんね。

 

そんな中で結婚を選択する2人は、

結婚は、”永遠の約束” と捉えて関係に投資することを止めず、

ぜひ、ハートを開きコミュニケートすること。

そして、未来の関係を育む意識を向けること。

 

時には簡単ではない時もありますが、

その覚悟があれば、同じパートナーと、何度も恋に落ちるように、

親密で、良い関係を築いていくこともでき、

たくさんの”結婚”の恩恵を受け取ることができます。

 

心から、

「うん、やっぱり結婚は良い!」と感じられる、

そんな関係をぜひ育んでくださいね。

 

パートナーがいる方も、36の質問、オススメですよ。

ぜひ、実践してみてください。

 

日本語訳がなされているページは、こちらにあります。↓ご参考に!

【秘伝】これが『相手と恋に落ちる方法』なり!「36の質問」と「4分間見つあう」だけ / 深い仲のパートナーとでも楽しめること確実