【プレマリ】美容や、清潔感について話してみる。

 

生活を共にする上で、

あえて話をしておきたいテーマとして、

「美容」や、「清潔感」について

がひとつとしてあります。

 

まず、自分自身で少し考えてみましょう。

 

◉あなたは、この、「美容・清潔感」の分野に関して、

自分がどうありたいと考え、どんなことをしていこうと思いますか。

 

◉あなたは、パートナーに、どんなことを望みますか?

 

◉この分野に関して、まだ、伝えられていないことがあるとすると何ですか?

 

 

”恋愛” の時期には、多少の差はあれ、

「相手受け」を考えますが、

ちょっと安心できる関係、結婚相手となると、

この分野に関する意識は随分と個人差がでます。

 

それはそれで、良い・悪いではなく、

お互いに、話せる環境と、タブーにしないこと、

また、相手の意見を聴き入れる姿勢がこの分野でも大事かな、と思います。

 

 

 

過美に着飾るということや、年齢に逆光する様にということではなく、

自分の容姿を受け容れ、そして、

美しく、清潔に見せるということは、

相手を喜ばせられることであり、与えられることでもあります。

 

 

また、

何か相手にがっかりしながらも、諦めに変わっていくと、

心の距離もどんどん離れていってしまうということもあります。

 

口臭や、ムダ毛といった様なことも、

ラブラブの時期には、簡単に話題にできたりするのに、

だんだんと、

言えないこととあいまって、不満のひとつになったりもします。

 

相手が、ものすごく気にしていることである場合もあれば、

気にもかけていないことかもしれません。

 

 

きょうのテーマは、美容と、清潔感について。

どんなふたりでありたいのか。

また、取り組みたいこととして何かあげられるか。

 

例えば

電動歯ブラシを買おう!とか、

美容院に行くのは、これくらいの頻度に変更しようかな。とか。

 

”周りの人たちだって、みんなこうしてるよ” ではなく、

自分たちが、どんなスタイルが快適で、

そして、どんな風にお互いを思いやれるのかを、

ぜひ探ってみましょう。

 

 

【プレマリ】とてつもなく”つながっている”と思って、自分から変わってみる。

 

”夫婦は鏡”

と言われたり、

”自分が変わると、相手も変わる”

と言われることがあったりします。

 

相手をあまりに嫌なやつだ!と思う時や、

ムカつく〜!!!と思っている時に、

悪いのは、あなたも一緒。なんて言われると、さらにカチンとしますが、

 

相手を変えるのは無理だと考え、

自分が気分良くいることや、

はたらきかけを変えることで、

変わることもあるのかもしれない、と

向きを整えるのは、ひとつです。

 

前回、怒りの感情は、共鳴し、伝播する。という内容の記事を書いたのですが、

夫婦として、

長い時間を一緒にすごしていると、

やっぱり、

影響し合うということはあるもので、

もし、綱引きしているならば、

引き続けずに、

パッと力を緩めると、相手もおっとっとっと、と、

引くこともあるわけです。

 

これを、意図して、やろうとするのは、

覚悟もいるし、難しさもあるんですが、

お互い頑なになってしまっているときは、

あれ、私はこの関係に、どう投資したかったんだっけ?

と、ちょっと一息ついてみて、

イライラは収まらないけれど、ちょっとひとりで勝手にゆるんでみるか。

なんなら、笑顔で過ごそうか。と、

これまでのやり方を変えてみるのもオススメです。

 

ひとは幸せだから笑顔になる、

と思っていますが、

笑顔であると、幸せな気分になる。

ということも、証明されていたりします。

 

一番近くにいる人が、

ニコニコ笑顔で過ごしていると、

自然と一緒に笑顔になるし、

笑顔になると、幸せな気分になるわけです。

 

なんだかのんきな話の様ですが、大まじめで、

私たちはたいがい、

家の中では、

はぁ、世間はストレスがたまるよね〜、

ここくらい、気を使わずに、愛想笑いもやめて、素でいたいよ。

なんて思ったりしながら、

無表情だったり、

 

ちょっとペースを見出してくる家族に、

しかめっ面をしていたりするわけです。

 

そうして、

どんどんどんどん気分も落ちて、

一緒にいる人にも影響して、

あー、なんだか居心地良くないよね、ここ。

 

という頃に、

試練はやってきます。

パートナーが外で居心地のいい場所を見つけてきたりします。

 

あ、脅し、とかではなくてね。

そういうこともあるってことです。

 

愛想笑いじゃなくて、本当に笑っちゃえばいいんですよね。

私たちは、とてつもなくつながっていて、

私がここを、楽しい、安心、幸せ、と感じて、

それを笑顔でシェアしていないと、

相手もだんだんそう感じ始めるんだな、と、

 

居心地のいい場所づくりは研究してみると良いのだと思います。

私も実は最近、ちょっと身体に痛いところがあって、

ずっとしかめっ面が続いていたりしました。

 

お仕事の間は、気が張っていたりして、

気にならないんだけれど、

家でリラックスすると、やっぱりあんまり具合が良くなかったことに気づくから、

「だって痛いんだもの」と、自分のしかめっ面を正当化して、

ワガママを重ねてたんですね。

 

私は最近夫が全然やさしくないなー。と思っていた。

 

自分のなかで、色んなそれらにふっと気づいて、

哀しくなって、夫に謝れることがあって、

そこからまた、ふたりの空気は変わったんです。

 

そんな反省もあったりして、今日の記事です。

 

どっちから始めた、とか、どっちが悪い、とかを越えて、

とんでもなくつながってるんだ。と、

受け容れて、

どうしたい?

と考えてみると、

なにかふっと糸が緩むことがあるかもしれません。

 

 

 

あけましておめでとうございます。

 

あけましておめでとうございます。安東美紀子です。

2018年はどんな年として、スタートしていますでしょうか。

1月は、やはり節目として、

人生のプランを考えたり、

家族と過ごす時間が増えることで、考えさせられることがあったりするものです。

かならずしも、ワクワクや、いい気分ばかりではないかもしれませんが、

自分の本音に気付いたり、

欲しい未来へ近づくための機会だったりしますよね。

ちょっとした自分の反応を、スルーせずに、

大切にケアしてあげたいですね。

 

 

***

 

ー未来の予約を、今してみようー

 

きょうは、未来の予約というテーマでお話をしたいと思います。

Facebookには、◯年前の今日、という機能があると思うのですが、

ここ数日、私の画面には、バリに行っていた、という情報ばかりが上がっていきます。

 

というのも、7年前も、6年前も1月はバリで過ごしていたんです。

7年前には結婚式を挙げ、

その時に過ごしたヴィラがとて気に入り、

思い切って、翌年も来る!!と決めて、

現地で翌年の部屋を予約して、支払いを済ませて帰ったんです。

 

我ながら思い切ったなぁと思うのですが、

当時は私も夫も会社員で、はたして長期で休みを設定できるか

不安はあったのですが、

あんまりにも気に入ってしまい、

”予約がすごく取りにい”という状況も背中を押してくれたことで、

そんな冒険ができました。

 

と、これは一例ですが、

今、2018年は、これがやりたいなぁ。

彼と、ここに行きたいなぁ、

という様なことが、今思い浮かんだなら、

まず、予約してみるというのは、オススメです。

 

彼と一緒にどこかに行くプランなら、

まず、話をして、

同意がとれたなら、予約してしまう。

 

手帳の中の予定は、一番最初に、

一番大事な人との、楽しい予定、休みの予定、

自分だけの時間、

そういったものから順に埋めていく。

 

そんな年にしてみませんか。

 

まずはひとつ。現実にも予約を入れて、行動に繋げられることを。

大きな予定でも、

小さな自分だけとの予定でも。

 

大切なものからはじめましょう。

 

 

↓↓↓1月ワークショップも募集中です!