一番大切な関係に、どれだけエネルギーを整えられているでしょう。

 

安東美紀子です。

 

この一週間、アメリカに行っていました。

新たな学びを深めるためと、旅行も組み合わせて。

 

今回、サミットに参加し、何人かの熱烈に会いたかった方たちのお話を聞いてきたことで、

今、とてもパワーをもらっていて、

私もこのポジティブな循環を廻したい!という想いでいっぱいです。

 

さて、色々とある学びの中で、

まず、最初に、ハッとさせられたことは、

一番大切なひとを大切にするために、

私たちは、そのために十分なエネルギーがあるかしら??

ということ。

心理学的な面で、

自分の中にあるテーマが、

相手を鏡として、現れているというような考え方は、

カウンセリングの中でも、

引用し、アプローチすることがありますが、

 

毎日の活動の中で、

例えば、食べるもの、寝る時間、使う言葉、

などの選択も大いに重要だと気付かされました。

 

私達が、

夫に対して、いいパートナーであるための体力が残っている?

こどもに、ありたい姿でいるためのエネルギーが十分にある?

 

ということ。

 

私たちは、できる精一杯をやっている。

とか、

今、ワクワクすることをやっている。

と、

現時点から見がちですが、

 

その現時点は、小さな選択の積み重ね。

 

寝不足で、イライラしていて、

夫にちょっとキツイ口調であたってしまった。

 

そんなこともありますが、

そのことに対して意識的であることこそが、

私達の幸福度を左右し、

 

豊かなパートナーシップへの取り組みも変わってくるのだな、

と感じています。

 

あなたは今日、ベストコンディションに対して、何%くらいの状態ですか?

 

あと1時間睡眠を増やすことによって、

状態はきっと変化するのではないでしょうか?

ぜひ、そのために取り組んでみてください。

 

 

違いを知るということは、開き直るでも、あきらめるでもなく

 

おはようございます。安東美紀子です。

昨夜は夫・安東秀海担当のzoomセミナーでした。

「ベストパートナーになる方法~知っておきたい男女の違い~」

ご参加頂きましたみなさま、ありがとうございました。

 

 

今回の内容は、

ジョン・グレイ博士は、著書「ベストパートナーになるために」などの

いくつかの書籍からの抜粋と、

夫自身のカウンセリング臨床から、

また、自身の経験もふんだんに踏まえながらの、

知っておきたい「男女の違いの紹介」と、

で、それを知ってどうする??

 

の部分のお話もありました。

 

本当に「そうだそうだ!」「重要!!」と感じるのは、この部分。

 

男女心理を知りたい!と思う時、

私達は、時期によっては、

そのそのモチベーションが、

「こんなやつ理解できない〜!そうか!やっぱりね」

と、納得できない理由を、違いに見出して、

 

あきらめや、開き直り

 

を正当化したい、ということがあります。

 

「知る」ことは、とてもパワフルで、

そして、それ以上に、「知らないことを知る」ことは大切。

 

そして、知ったことに関しては、

共有したり、確かめたり、

対話のきっかけにしながら、

 

そこから、

どうふたりが快適にあれるか。

愛を育むことができるか。

 

について取り組むことが重要ですね。

 

私は、ストレングスファインダーを扱いながら、

「男」「女」なんて二分では語れない!!と思うこともたくさんありますがw

実際やはり、違いはあります。

そして、”傾向”というならば、さらにたくさんあります。

 

私たち夫婦の、決して多くない臨床数でも、

似通った傾向があるのですから。

 

 

昨日夫が

「男性脳はぼうっとしている時に頭が良くなる」という一説を紹介していました。

いわゆる、

”男性には一人になる時間が必要”

というよく知られたことを、更に前向きにフォローするような

お話ですね(笑)

 

これは、ほんとうに、きっとそうなのです。

 

ですが重要なのは、

男性側は

「必要なんだ!!だから仕方ない!!」

と開き直るではなく、

愛あるコミュニケーションで、理解を求めることや、

 

女性側は、

「だからなんだ!知るか!!」

とか、

「だから、さみしくても仕方ない」

と、変えようと反逆したり、あきらめ過ぎたりせず、

 

そこから2人の関係にとってハッピーなスタイルはどう作れるのかを、

対話することから始まるのだと思います。

 

わたしもついつい、

ぼうっとしている夫に対して、

キツくあたってしまうことがあるのですが、

 

改めて見直し、もういちど、

どうやって、納得感をもって2人が関係に取り組めるかを、

はじめたいと思います。

 

”プレマリッジ”

 

という、結婚前の期間が本当に素敵だと思うのは、

こういった取り組みが、ハネムーン気分のモチベーションで、

進めやすいということですよね。

 

知った情報、どう扱うかは、私達次第。

愛を持って、

相互の幸せにつなげるために活用したいですね。

 

 

 

ご参加頂いたみなさま。お写真のご協力、ありがとうございます!

全員を画面に写すとこんな様子。

講師の画面をクリックすると、その部分だけ大画面で見れます。

自宅で気軽に参加できるオンラインセミナーです。

次回は、7/30(日)!

 

 

オペレーションを変えてみる。

 

金曜日担当、安東美紀子です。

 

最近安東家では、家電革命が起きました。

「なぜか家電は立て続けに壊れる」

とか、

「メーカー寿命がある」

とか、よく聞きますが、

 

本当にそれが起きて、

オーブンレンジが買い替え時だな〜、と

チェックしていたら、

洗濯機が壊れ、

家電量販店と、価格.comをチェックし、

比較検討と、ポイント消化のサイクルがやってきたのです。

 

結婚を期に買い揃えたものばかりではなく、

結婚前から使っていたものもあったので、

確かに、そろそろアップグレードしてもいい時期だったかな、と思います。

 

この家電買い換えで気付いたことがあります。

 

それは、

技術革新は、思ったよりすごい。

 

ということ。

 

自分では家電好きな方だと思っていましたが、

オーブンレンジの機能は、この程度だろう、

洗濯乾燥機の新機能も、

ちょっとした機能プラスなだけだろう。

 

と、

あまり期待していないところがあって、

ただの買い替えの出費程度に捉えていたのですが、

今回の一連のお買い物は、

 

はっきり言って、投資で、

 

時間の使い方と、幸福度、

自分のエネルギー残量、

夫婦関係、家族関係に

変化をもたらしました。

 

洗濯乾燥機は、

以前のものでは、乾燥機能では、やっぱり服が傷むから、

基本干す。

といった部分から、

ほとんどの衣類を全自動で乾燥までしてしまう。しかも3時間。

 

オーブンレンジは、

ヘルシオを購入したのですが、

基本おまかせ機能で、何でも切って入れれば、

それなりに仕上がる。

ということで、

これまで、”火を扱う間は、キッチンに立っておかなきゃ”

と使っていた時間が解放されました。

 

 

おまけに、ホットクックという自動調理鍋を合わせて購入したのですが、

これが大ヒットで、

キッチンでの作業時間が大幅に減りながら、

レパートリーは増え、

しかも無水調理で、美味しい、という

 

もう、何年も家事をやってきているから、

便利になるといっても、この程度だろうな、という予想を遥かに上回って、

本当に、ロボットが一台いるような気分です。

 

結果、我が家では、

床掃除は、ルンバとブラーバが動き、

洗濯機は、全自動で3時間なので、ほぼいつも汚れ物はなく、

キッチンでは、ヘルシオのオーブンレンジと、

ホットクックの無水鍋調理で、できたてのカレーかスープがいつもある。

 

という状態になりました。

 

 

何が変わったか。

 

◉私に体力の余力ができ、

◉作業分担を夫婦間で揉めたり、不満に感じることがなくなり、

 

↓結果

TVCMみたいですが、

◆家族で過ごす時間が増えた

◆機嫌がよくなった

 

ということが起きています。

 

実際、具体的に夜、

食事が始まるころには、

調理のために使用する鍋等は既にキレイになっていて、

洗い物も少ないので、

食べ終わったら、食洗に入れてしまって、

家族3人プラス犬2匹で、お散歩に行く時間がゆったりとれるようになりました。

 

以前は、片付け担当、お散歩担当、となっていたり、

夜を越えて、片付かないものもあって、イライラが募っていたりしたのです。

 

結婚生活とは、

ただ相手を愛しているか、大切に想っているか、ということを越えて、

 

毎日の生活があります。

 

当たり前ですが、ロマンティックな部分だけでなく、

日常があり、期待や不満や、家事や、食べることがあるわけです。

そして、この中で、幸福を見出すこともできれば、

消耗することもある。

 

ゆっくりとていねいに、

家事が大好きで幸福を感じる、という方もいれば、

私の様に、

家電化することで、余裕ができるというひともいる。

 

ただ、意外と、今の生活がスタンダードになっていて、

多くのストレスを、

ちょっとした家電の購入や、

オペレーションの変更、

外部への委託などで、解消でき、

 

そこで消耗していたエネルギーを、家族のだんらんの時間にご機嫌よく使えたり、

やさしくあれる、ということが

選択肢になかったりしますね。

 

文明の利器は頼りつつ、

外部サービスを利用することも、前向きに。

全部自分でやらなきゃ、と抱え込みすぎることなく、

自分のご機嫌、家族との時間にこだわってみるのもひとつの選択だと感じています。

 

「もう限界!」

となる前に、その限界、夫婦の間だけで解決しなくて良いかも?

もチェックしてみてくださいね。

小さな変化が、おきな違いを生み出すことがありますよ。

 

 

 

男女の違いを知っておくのに、この3冊。

 

 

安東秀海担当・火曜日です。

 

***

次回zoomセミナーは、僕の担当回で、

「知っておきたい男女の違い」をお話します。

 

たくさんある、男女の違いの中から、

カウンセリングを通して、

知識として知っておくだけで、

こんなに関係をこじらせずに済んだのに・・・と感じることを

取り上げていこうと思っています。

 

* * * * *

 

僕自身は研究を持ちませんから、

色々な本も読み、参考にもしますが、

そのなかから、今日は、

「男性心理知りたい・・・」「女性のことが理解できない・・・」

という時のおすすめ本をご紹介します。

 

おすすめ本というより、

パートナーシップを組む上での課題図書にしたいくらい。

 

 

これまでの誤解が溶けて、楽になることもあれば、

時には、努力した方がうまく行くポイントが分かり、面倒に感じることも

あるかもしれませんが、

長期的な関係に投資したいと思うのであれば、

とても役に立ちます。

 

ぜひ、チェックしてみてください!

 

 

ラインナップはこちらの3冊。

    

 

 

それでは1冊目。

男女関係の古典の様な本。

ジョン・グレイ博士の『ベストパートナーになるために』

男は火星から、女は金星からやってきたの副題の方が有名かもしれません。

 

男女の違いについてたくさんの事例と共に紹介されていて、

また、どのようにより良い関係を作っていったらいいのかがわかる一冊です。

とても参考になる本ですが、

2001年のアメリカで書かれたものであり、

ちょっと事情が異なる部分も感じるかもしれません。

女性側に歩み寄りを提案している部分も多いので、

「私ばっかりががまんするの?」と感じてしまう部分もあるかもしれませんが、

そこはちょっとクールダウンしつつ、

ぜひ読み進めて欲しい一冊です。

 

 

2冊目。黒川伊保子さんの『女の機嫌の直し方』

 

 

タイトルどおり、

こちらの本は、ぜひ、男性にオススメしたい。

僕は黒川先生の大ファンなのですが、

 

周防監督の推薦コメントにもあるように、

”もう女性は怖くない”と思える一冊です(笑)

 

例えば、男性は正しさにこだわってしまうものですが、

女性は、共感が欲しい。

 

ここまでは、みなさんもご存知かもしれません。

そして、そこから。

女性の選択が間違っていたとしても、

◉対抗して正しさを通すよりも、彼女の機嫌を優先する!

という様な

具体的提案が盛りだくさんです。

 

人工知能の研究者である黒川さんならではの、

脳科科学者や心理学者とは違った視点がとても新鮮で興味深い1冊です。

 

僕自身、心理学を10年以上学んできましたが、

この1冊と出会ってから、より実践的に、妻の機嫌をhappyなものにでき、

「ちょっと変わったね」と、反応してもらえていると思います(笑)

 

 

そして、3冊目。

新書です。

 

DaiGoさんの『ベッドの上の心理学』

 

妻が購入していたものを昨日読みましたが、

とてもオススメです。

 

セックスに関して、僕達は思い違いをしていることが結構あります。

 

だけどこの分野は、なかなか有用な情報に出会えない。

何か不満があっても、

パートナーが”よかれ”と思って勘違いしてしまっている点を指摘するのは、

相手を否定する様で難しい・・・そんなお悩みもよくあります。

 

男女関係を育んでいく上で、

ぜひ避けて通らずにありたいことですが、

誤解を持ったままでコミュニケーションを続けても、

この分野ではより心の距離が生まれて、

結果、致命的な溝につながる場合があります。

 

ぜひ男女共に読んで、対話のきっかけにしたい一冊です。

 

 

以上、パートナーシップに役立つ3冊をご紹介しました。

参考になれば幸いです。

 

 

* * * * *

次回zoomセミナーは、7/13(木)

講師:安東秀海 テーマ「知っておきたい男女の違い」

無料で、どなたさまでもご参加いただけます。

こちら>>>★よりエントリーが必要です。)

お待ちしております!

見ている世界は一瞬で変えられる。

 

パートナー探しにおいても、

結婚相手を見ていても、

 

ある時、パッと見えている世界が変わることがあります。

相手が変わったわけではないのに、

自分の内面に変化があったり、

つけているフィルター(や観念)が変わった時に、

それは起きます。

 

「もう生理的にむりになってしまった」

「離婚しかないと思います」

とお話されていた方が、

1ヶ月以内に、ハネムーンの様に、

”相手が違って見える”というようなことは、

実際に起きるし、

 

「出会いが全くありません」と

本気で感じられていた方が、

既に知り合っていた方と恋に落ちる、ということも

あることです。

 

 

自分の内面の変化や癒やし、

そして、観念の変化は、

色んなきっかけで起きるものですが、

 

 

もし、今、幸せな世界を見ていなかったり、

”ない”方にばかり目が行ったり、

ネガティブな視界が広がっているなら、

 

そのままの自分で、状況や環境を変えようとするよりも、

自分自身と、

自分の世界の見方をケアしてみると、

大きく違いが生まれたりします。

 

 

あなたは今、何%くらい、素のままの自分を受け入れていますか?

自分の嫌なところ、嫌いなところ含め、自分が自分で良いと感じられていますか?

 

 

あなたは自分の本来持つ力、魅力を磨いていますか?

自分ではない誰かになろうとするのではなく、

自分の本質を信頼していますか?

 

 

どんなときも、

自己受容、自己信頼、自己肯定感、自己効力感、

これらが土台になってきます。

これらなくして、安心して、世界は見づらいもの。

 

 

 

いつも、まずは、

自分から。

そして何をするか、の前にぜひ、

どうあるのか、から。

あなたはあなたでスバラシイ、ということを受け取ってくださいね。

 

 

 

 

ロマンスは何度もやってくる

 

恋愛や、結婚生活で、

男女が出会い、共に過ごし、生活するようになると、

 

ごく初期にお互いの熱が盛り上がる

いわゆる”ロマンス期”があり、その後は

情熱や、熱い想いは減る一方だと捉えている方も多いのですが、

 

 

実際は、この、”ロマンス期”、”ハネムーン期”、”ラブラブ期”は

何度も迎えることができます。

 

しかも、

アタッチメントシステムの様に、

危機や不安をトリガーとしたアップダウンを作らなくても、

可能だと感じています。

 

”もう、あのころの様な感情を感じるには、

相手を変えるしかない”

と考えて方には朗報ではないですか?

 

 

ではどんな時にロマンスがやってくるのか。

というと、

 

感情を揺さぶられるような大きな出来事に直面した時。

内的探求に向き合えた時。

自己成長のプロセスを経て、新しい自分を感じられる時。

住まい・仕事など環境が変わる時。

 

こういった、

人生における転換期や、出来事、

感情の動きがある時こそチャンスです。

 

外的な要因ということではなく、

内面の旅が起きる時。

 

きっかけは大きくなくても、

自分と深く向き合ってみると、

ロマンス期再来のチャンスはある。ということ。

 

そしてまた、これが難しいからこそ

ハートの豊かさが失われている、ということも多いですね。

 

大きな感情の動きがあった時、

それは忌み嫌うものではなく、

 

新しい自分と、

パートナーとの新しい関係への扉が開く時。

 

そう捉えることができると、

人生の波乗りも、随分違ったものになりますよね。

 

 

 

 

*  *  *  *

6/28(水)22:00〜23:00はプレマリzoomセミナーです。

担当は、安東美紀子、

「ストレングスファインダーを
パートナーシップで活かすヒント」

無料ですが、事前にエントリーが必要となりますので、

こちら>>>★からお申込みください。

*  *  *  *

離婚理由”価値観の違い”の本当のところ

 

* * * * * * * *

次回プレマリzoomセミナーシリーズは、

6/28(水)22:00〜23:00

安東美紀子による、

「ストレングスファインダーを
パートナーシップで活かすヒント」

です。

無料ですが、事前にエントリーが必要となりますので、

こちら>>>★からお申込みください。

※一部表記に誤りがあり申し訳ありません。6/28が(正)です。

* * * * * * * *

 

 

きょうは、よく耳にする、

離婚理由「価値観の違い」について。

 

aeraの一千人アンケート調査によると(⇒コチラより引用)、

実際、離婚を考えたことがある夫婦にとって、

「ある」と答えた人の「結婚の不便は」という問には、

「相手の親・親族の付き合いが面倒」が39.2%と、最も高く、

「家事の負担が増える」で36.6%と続く。

 

他にも

「尊敬できない」

「人を見下している」

「器が小さい」

「セックスレス」

「金銭関連」

というようなものがあがっています。

 

 

色んな分野で、すれ違ったり、ぶつかったりすることはあるものの

◉意見が合わない

◉対話する意欲も残っていない

◉歩み寄るほどの価値や情熱を感じられない

 

というところが、想像されますが、

周囲には、詳細を語るには込み入ってしまったり、

面倒だったりする際に、

くるっとまとめて「価値観の違い」が使われているのかもしれません。

 

そして使う側は、色々含んだ「価値観の違い」

という言葉が離婚理由としてよく挙げられ、馴染んでいることから、

ちょっとした”価値観の違い” でも不安要素として感じられる方も

あるようです。

 

ですが、

実際のところ、

”価値観の違い” 自体が大きな問題となるわけではなく、

その違いに関する対話ができるか、

相互に思いやりを持って、関係に投資する様に、取り組むことができるか、

 

そして、

まだその意欲が残っているか・・・も重要なポイントです。

結婚前や、結婚当初の取り組みやすい時期に、

対話の成功事例(相互にとっての)を作っておくと

その後の関係は大きく変わってきます。

 

もちろんストレングスファインダーも、

そのきっかけのひとつ。

 

「価値観が違う」ことを埋められない溝や、

分かり合えない、絆を切るものではなく、

より強いパートナーシップの育成にとっての

メリットだと捉え、

向き合い、取り組んでいって欲しいと思います。

 

 

夫婦で取り組むストレングスファインダーを使ったワーク

 

安東美紀子です。

パートナーシップへのストレングスファインダーの活かし方を、

次回zoomセミナーでお伝えしていきますが、

 

夫婦で、ストレングスファインダーの結果を受け取ってから、

まず最初に行うのにオススメのワークをご紹介しますね。

 

【強みの理解レポートを読み込む】

 

最初にオススメなのは、お互いの”インサイトガイド”(強みの理解レポート)を

読み合うことです。

この、強みの理解レポートは、

 

ストレングスセンター

https://www.gallupstrengthscenter.com/Home/ja-JP/Index/

で受け取れます。

 

ログインしたら、マイダッシュボード⇒レポートとツール

からダウンロードできます。

 

このレポート、実は完全にあなたオリジナルになっていて、

同じ”着想”を持っていても、私の着想の項目と、

あなたの着想の項目には違うことが書いてあります。

 

他の資質順位も踏まえて出されているのです。

 

ですから、

資質の語句の持つ意味を考えるよりも、

本を読み込むよりも、

かなり、

ピンとくるような項目が

多くあるはずです。

 

これらを会話のきっかけにして、

パートナーのレポートの、

あなたが良く感じるパートナーの才能箇所にマーカーを引いたり、

動機的な部分であれば、

「あなた、そう感じるの?」と

コミュニケーションしてみるのがオススメです。

 

何年も一緒に過ごしていながらも、

なかなか才能を見る目で見られていないことも

あったりするものです。

 

相手の欠点だ、とみなしていた部分が実は才能がゆえ!と

気づくようなこともあるかもしれません。

 

私達夫婦は、こんな感じですが、

 

 

レポートには、

私は、「すばやくアイディアが思いつきます」

とか、

夫のレポートには、

「スタミナがあり、没頭します」

みたいなことが書いてあります。

 

今まではせっかちな上に3日坊主と思われてきた私も、

マイペースで、切り替えられないと思われてきた夫も、

 

これらも、才能の原石がゆえなんだな〜。と、

実感中。

 

 

豊かで幸せなパートナーシップでも、

自分の強みを知って、

それを使って与えていく!ということに目が向くと、

大きく動き出しますよ。

 

ぜひ、お試しください!

 

 

 

 

夫婦で、お互いの才能をみつめてみる。

 

”夫婦”とは、一番近い、他人。

人生で、最も親密になれる相手であり、

だからこそ、欠点や、嫌なところも目についたりするもの。

 

ひとたび、ネガティブな”フィルターメガネ”をかけてしまうと、

そういう目で相手を見てしまい、

見られている相手も、その期待に応えるかのように反応するという

スパイラルに陥ることもありますね。

 

私はストレングスファインダーを、

夫婦関係にも活用していただきたいと、

啓蒙しているのですが、

 

私達は、男女の脳の違いだけでなく、

個々、それぞれに違った資質を持っています。

その資質を、

ネガティブな欠点や、問題として注目するよりも、

 

「あ、こういう才能が隠れた資質なんだ」と見ることができると、

世界が変わって見えたり、

どんなストロークではたらきかけたら良いのかが見えてきます。

 

まずはぜひ、2人でストレングスファインダーの結果を入手してみてください。

こちらの書籍を購入すると、アクセスコードがついてきます。

 

  

 

 

例えば私達夫婦の例で恐縮ですが、

 

達成欲×目標志向 を持つ夫と、

 

活発性×戦略性×未来志向 を持つ私。

 

 

実は私は夫のことを、この才能を認識するまで、

 

ちょっとマイペースで、

 

何かに向かっていたら、方向転換できない、

 

悪くいうと、グズだなぁ、とか、

 

思っていたわけです。

 

 

そして、夫は、

 

私に対して、

 

何でも興味を持ったらすぐ始めちゃうけど、

 

三日坊主だったりするよね〜。

 

もう、あれこれ始める前に、ちゃんと完了させなよ!と、

 

これまた思っていたようなのです。

 

 

そんなストレスも、

 

ロマンスの時期は何の問題もないのですが、

 

産後の混沌の中では、問題になったりもします。

 

 

そんな時に、

 

これらの資質を、才能の原石の様な資質であり、

 

実は、

 

物事に集中できたり、スタミナがあって、タスクを完了できる実行派のヒトなんだ!

 

と知っておいたり、

 

ほしい未来に対して、素早く最短距離で動いて行くのが、

 

本質なんだなー。と、

 

理解しておくと、

 

 

「理解できない」「価値観が合わない」という理由で、

 

関係が悪化していくことなく、尊重できたりします。

 

もちろん、感覚的に理解できないことはたくさんありますw

 

が、

 

そうなんだなー。と、俯瞰できたりするのです。

 

これ、とっても大切なこと。

 

 

次回は夫婦2人で取り組める、

 

ワークについてご紹介しますので、

 

ぜひお二人分のストレングスファインダー、受けてみてくださいね〜。

 

金曜日担当、

 

Life Design Labo 安東美紀子でした。

 

>>>次回無料セミナーは、6/28です!

 

パートナーシップに、ストレングスファインダーを活かす

夫婦カウンセラーストレングスコーチ、

安東美紀子です。

 

次回プレマリzoomセミナーは、

StrengthsFinderをパートナーシップに活かすヒントについてお話します。

StrengthsFinderは、企業のチームビルディングや、人材育成のシーン、個人では、転職時、天職探しに注目されることが多いのですが、

 

実は、夫婦関係や、

婚活、パートナーシップ、

また、子育て、親学もしてもとても興味深いのです!

 

だけど、”結果がわかったところで、どうしたらいいのかピンとこない。”

 

そんな方がほとんどかもしれません。

ポイントを抑えれば、とても簡単ですが、

視点の切り替えが必要なので、

ちょっとサポートが必要な面も多いのかもしれません。

 

そんなお話を、

こちらのブログでご紹介していきながら、

Zoomセミナーでもお話していきますね。

 

どうぞお楽しみに。

まずは、ごあいさつまで。