話題の「名もなき家事」に手を打とう。

 

安東美紀子です。

いま、「名もなき家事」という言葉が多くの女性の共感を呼んでいるそうです。

私も先日知り、

なるほど!と手を打ったのですが、

 

・トイレットペーパーを補充する

・シャンプーや洗剤の詰め替え

・洗濯乾燥機のフィルター掃除

・ルンバのゴミ捨て

 

と言ったような、

 

掃除、洗濯、炊事

 

と、名がつく家事以外の部分で、

それでいて、大きな部分を占めるもの。

 

先日私が見たニュースでの特集も、

こういった「名もなき家事」を認識していない夫の存在に警鐘を鳴らすと共に、

シェアできるようになったご夫婦の事例を取り上げていました。

 

こういった日常のことで、

かつ、ストレスになりうることは、夫婦間でシェアできる関係性と、

実際に言葉にしてシェアすることが大切だと思います。

 

どのタイミングからでもそうですが、

特に生活を共にし始めるタイミングで、

上手にやりとりを始めることが肝かと思います。

 

一方は、どんどんストレスを溜めながら負担していて、

一方は、気づきもしていないこと、結構あったりします。

 

また、一方は、すごく頑張ってやっているつもりなのに、

一方は、まだまだリクエストがあることもある。

 

一度、テーブルの上に状況と、情報、

そして、今感じていることを乗せて、

ふたりにとって良いスタイルはどんなものか、

話してみることをおすすめします。

 

お互いのライフスタイルや考え方、いろんな違いはありますが、

まずは、

いずれかひとりが負担していると、

非常に家事はストレスになっていく可能性を孕んでいると、

双方が認識しながら、

共有できる方法を探ることがオススメです。

 

現状上手く言っているので、気づいたほうが・・・と、

思っていても、こどもができた途端にその状況は崩れたりするものです。

 

暗黙の了解をやめて、

まずは把握すること。

そして次に、スタイルを探ること。

 

「名もなき家事」に名前を付けていく、

ふたりで確認していく、ということも、

それだけで、色々な気付きをもたらしてくれることと思います。