今年はどんな、一年でしたか?

いよいよ今週末、私たちの初めてとなるワークショップが開催されます。

 

テーマは、2018年&ビヨンド。
来る2018年と、その先を見越した未来を、どんな風に歩いていきたいか?について、ともに考え、デザインしていくための3時間です。

ワークショップは3部構成で、まず「今の自分の状態を知る」ところから始めますが、

いま、ここ。

がどんな状態なのかをチェックすることで、未来に歩くための自分を整えていく一歩になります。

※前回の記事に詳しく紹介されています→ワークショップ、ここから始めます。

 

そして第二部では、2017年を振り返ってみる時間を持ちます。

今日はワークショップでお話することを少しご紹介します。

 

一年もこの時期になると、思うようになったこと、そうでないことが随分はっきりとして、今年はこんな一年だった、と思い返したりしますよね。

 

計画通りにいった、という時には、
今年は良い一年だった、と振り返ることになるのかもしれませんし、

 

叶わなかったことや、未達成だったことが多いと、なんだか今年はもうひとつ。

 

とそんな感想を持つことにもなるのかもしれません。

 

そして、そんな一年の総括が、これから描く新しい年の計画にも、少なからず影響してきます。

 

例えば、仕事もプライベートも今年は最高の一年だった、という時。

 

あなたならどんな計画を立てると思いますか?

 

仕事であれば、今よりもっと、目標を高く!
と、思うかもしれませんし、反対に、来年は堅く慎重に。と考えるかもしれません。

 

いっぽう、今年がイマイチだった、という時には、来年こそは、と、気合が入るかもしれませんし、不安要素ばかりが気になって、前向きになれないこともあるかもしれません。

 

新しい年を思い描く時、どんな未来がそこにあるか?は、おおいに「いま」の影響をうけていて、「いま」の私たちはまた、おおいに「昨日」の影響を受けています。

 
せっかく計画を立てたのに、描いたものがあんまり嬉しくない未来だったら、ちょっともったいないし、せっかく立てた計画が、プレッシャーや不安の材料になっても意味がありません。
どんな思考パターンで未来を考えているのか?

どんな気持ちで、新しい年に臨もうとしているのか?
を知っておくことは、ホントに欲しい未来に近づくためには、欠かすことができないポイントだと思っています。

例えば、今も癒えない怪我を抱えながら、オリンピックを目指すふたりのアスリートがいるとします。
カウントダウンが聞こえる今日。

ひとりは不安と後悔にエネルギーを注ぐ毎日を過ごし、

ひとりはケガを教訓にリハビリに取り組む毎日を過ごしている。

 

どちらが夢に、近いでしょう?

 

置かれた状況は同じでも、それをどんな風に捉え、どんな風に活かしていくのか?で得られる結果は大きく変わります。

 

違いを生むのはほんの少しの違い。今とこれまでをどう評価して、どんな未来を描くのか?ということだったりします。

 

流れに任せてうまくいく、ということももちろんありますが、何がベストで、何がハッピーなことなのか?を考えておくことは、予期せぬ出来事に翻弄されないためにも大切なこと。

 

準備をしている人とそうでない人とでは、到達できる場所にはやはり違いが出てくるように思うのです。

 

そして、未来の計画を立てるには、今の状態を知っておくこと、夢や目標に向き合うときの、考え方や感じ方のクセを理解しておくことが大事。

 

知らず識らずうまくいかないパターンを繰り返さないように、
うまくいきやすいパターンを見つけられるように。
まずは今年を振り返ってみて、どんな一年だったと総括しますか?
できたこと、
やり残したこと。

うまくいったこと、
行かなかったこと。

嬉しかったこと、
腹の立ったこと。

 

起こった出来事ひとつひとつに、それぞれ意味があって、どれも今の自分に必要なことであったとしたなら?
そこから何を、手に入れたのだと思いますか?

学んだと思いますか?
新しい年の計画を、そんな今年の振り返りから始めてみるのもまた、良いと思うのです。

 

 

ワークショップは25日(土)13時〜

ぜひご一緒しましょう。

2018年&beyondの詳細はこちら→(

 

*****

今日も最後までお付き合いありがとうございました。

 

本ブログは、メルマガ配信も行っています。

メールで受け取って読みたい!という方は、ぜひ!

↓ 同日12:00配信です。

こちらから、ご登録ください⇒ https://goo.gl/k8yUUr

*****