”恋に落ちる”って響きが最高だ

 

こんにちは、安東美紀子です。

 

次回プレマリzoomセミナーのテーマが決定しています。

塚越悦子さんの回で、「恋を始める36の質問」!!!!

めちゃくちゃ楽しみです。

(エントリーはこちらです⇒★)

 

そして、前回記事は、「選んだ相手と恋に落ちる方法」。

このフレーズを目にして、

キュンキュンきてしまった、秋の気配です。

 

さてさて、今回も私は、超個人的なお話をしたいと思いますが、

私は、”結婚”はせずに”事実婚でいこう”と思っていた時期が結構長くありました。

それもあり、

入籍よりも先に、マンションを購入していたり、

一緒に生きて行くコミットメントは重ねていたり、

日本人カップルとしては、ちょっと特殊な部分があります。

 

ひとつには、アメリカ留学中に、事実婚カップルを何組か知り、

選択肢にあった、ということもあります。

そして、

表向き、顕在化できる言葉としては、

”「結婚」に何のメリットがある?”

という風に思ってもいたのですが、

 

少しその頃の感情を深堀してみて、

今フィードバックするならば、

 

怖かったのです。

 

何が?というと、

一番は、

”自分が、この関係に飽きてしまうことが。”

でした。

 

もちろん、自分が飽きられることや、

”釣った魚にえさをやらない”的な扱いや、

捨てられる怖れもあったと思うのですが、

 

私の場合、

突き詰めてみると、一番怖かったのは、

もう恋に落ちることがなくて、

刺激も張りもなくなって、

女として自分を高めようとすることもなくなって、

堕落して、

残念な雰囲気になって、

そして、パートナーも同じく、その道をたどって、

ふたりの関係はマンネリして、

そして、ふと、

もうこうやって恋する気持ちを持つことがないなんて。。。

と気付いた時に、私は絶対飽きる!

恋がない人生なんて、耐えられない!

と思っていた様です。

 

こう書くとなんだかちょっと情熱的ですが、

 

私、飽きっぽいから、

緊張感を持った関係でありたい。

と、思っていた様なのです。

 

 

このことの全部が、過ちだったとか、そういうことではないのですが、

私は知らなかったんです。

安心感や、

”結婚”という形があったって、

ひとりの人に何度も恋に落ちられる

 

って。

 

恋に落ちるって、

不安と隣り合わせでセット商品だと思い込んでいたし、

燃え上がる様な気持ちって、初期だけで、

やっぱりそれが忘れられないかもしれない。

そうしたら、離婚か・・・

そんなこんなが隠れていたんです。

 

今お受けするカウンセリングでも、時々、これが最後の恋で良いのか?と

悩んでいるとお話くださるケースがあるので、

同じ想いの方も、中にはいらっしゃるかもしれません。

 

で、

そんな方に、朗報なのですが、

その時点では、想像もできない様な、ひとりの人と深める、成熟した愛の形もあるし、

ひとりの人と、何度も恋に落ちることもできる。ということ。

 

あ、もちろん、

結婚しても、しなくても、やっぱりどっちでも未来は築いて行けると、

今でも感じています。

(ただ、怖れがベースではなくって、

幸せなイメージをベースにおいて、選択することが大事ですよね。とは思いますが)

 

その上で、

結婚をして、

安心感と、

安定感、

未来へ共に向かう関係にありながら、

結婚相手と、何度も恋に落ちながら、

関係を築いていくことも可能なんです。

 

このこと自体をあきらめていたり、

怖れを持っているとすると、ぜひ見直してみてくださいね。

その怖れは丁寧に扱うことが出来れば、

素晴らしい2人の関係のリーダーシップに貢献してくれるもののとなります。

 

*****

次回zoomセミナー

10/17(火)22:00〜 ぜひご一緒しましょう↓こちらから。

プレマリプロジェクト zoomセミナーシリーズ お申込みフォーム

 

*****

本ブログは、メルマガ配信も行っています。

メールで受け取って読みたい!という方は、ぜひ!

↓ 同日12:00配信です。

こちらから、ご登録ください⇒ https://goo.gl/k8yUUr

*****