ライフ・パートナーの選び方②

 

安東美紀子です。

塚越悦子さんの記事「ライフ・パートナーの選び方①」に続き、

同じテーマでお話したいと思います。

 

こちらの記事を

ちょっと噛み砕いて、私のフィルターを通してしまうと、

どれくらい恋に落ちているか、よりも、

自分のゆずれない価値観を受け容れられる相手かどうか、

はとても大切。

という言い方もできると思うのですが、

 

では、”自分のゆずれない価値観” って?

に、自分でも気づけていないことが多い様に感じています。

 

特に、

本当に彼なの?

という、

もうお付き合いが長いんだけれど、

結婚に進まない。

適齢期として結婚したいけれど、

本当に彼が、”その人”なのか、

自分の気持ちも分からなくなってきた。

だって、こんなに煮え切らない人なわけだし・・・

 

というご相談って、結構あるんですが、

 

「とにかく一度、自分に集中してみて!」

と、いう趣旨のサポートをすると、

半年以内にするするっと結婚が決まったり、

もしくは、お別れが決まって、次のお相手が見つかったりします^^

 

そういうケースでは、

”彼”がどうか、ではなくて、

”自分”が、分からなくなってるんですよね。

 

そうして、わからないま、

表面の思考だけで、条件面を考えても、

自分の軸の価値観ではなく、

”世間的に”とか、”一般的に”とか、”親の判断的に”といった、軸や、視線を気にする自分ばっかりが出てきてしまう。

 

結果、あれもこれも大切な価値観の様な気がするんだけれど、

実は全然大切なことじゃなかったり、

 

その時点では思いもよらなかった、譲れない点が出てきたりします。

 

よく話題に上りますが、

結婚条件に年収1000万円以上、や、2000万円以上、

というリクエストがある場合が多いのですが、

実際、結婚後、どんな生活がしたいのか?

という

平日と、休日の過ごし方をイメージしてもらったりすると、

”どれくらい一緒に過ごしたい” ということや、

”どんな食生活”

”どんな子育て” を見て行くと、

 

まぁ、収入はあれば良いけれど、

必須じゃないかも。

と気づかれる場合もあったりします。

 

かくいう私も、

ある時、

年収より、

できるだけ一緒に時間を過ごせること。

の方がよっぽど重要だな、と気づきました。

 

そして、肚を決めて、

当初あまりにもハードワークで、深夜を超えて働くスタイルだった夫(当初の彼)に、

ちょっとこのままのライフスタイルなら、

ずっと一緒にいることは考えられない。ということを話したのです。

(他の案件も重なってはいましたが)

 

そうしたら、

結果、彼は、決意し、実生活としては少しずつではありましたが、

働き方を変え、

今では、すっかり自己裁量の時間で働く様になってしまいました。

(おまけに一緒に働いている時間もあるので、かなり一緒にいますね!!)

 

彼自身にとっても、

長時間労働は、収入を得る手段→大切な人を幸せにするため

という思い込みの構図があっただけで、

譲れない”価値観”というわけではなかったのです。

とはいえ、

仕事に没頭するタイプではあるので、

やはり新たなプロジェクトに火がつくと、しょっちゅう徹夜もしていますが、

以前のそれとは

全く違ったものになりました。

 

”自分に集中する” プロセスを経たクライアントさんたちも、

みんなそれぞれに、こういった選択の重なり合いと、

新たな自分への気づきで、

新しい関係が生まれています。

 

そして、やはりここで決定的に合わない!という場合は、

早く見極めることも、ひとつの選択肢なのだと思うのです。

それも、自分に問いかけてみるといいと思います。

あと、何年彼に使えるだろう?と。

 

こどもをもつかどうかの選択もひとつの大きな分岐点になるかと思います。

 

だけどそれすらも、

”あなたにとって” 大切にしたい価値観かどうかですから。

 

そして譲れない点は、

しっかり肚を決めて、コミュニケートしてみること。

肚が決まっていない中で、ジャブを打ってみるのと、それとでは、

行き先が全く変わってきます。

 

マリッジブルーに陥った時にも。

彼を吟味する前に、

まずは自分に集中すること。

それも、ネガティブなフィードバックではなくて、

本当に自分が大切にしたいものを、

穏やかな気持ちで、見つめることから。