パートナーと一緒に住むと決めたけれど!その③

 

安東秀海です。

今回は、”パートナーと一緒に住む”シリーズとして、

僕の体験も紹介したいなと思います。

 

臨床としては、自分の空間にこだわりを持つ男性や、

モノのコレクションが多いケースなど、

色んなお話を聴きますが、

”男性特有”のものもあれば、

やっぱり個々のテーマだなぁと感じつつ、

 

”自分の空間をパートナーと共にする”

”これまでのやり方を手放す”

という、機会において、

 

一緒に住む。ということを考える時に、

それぞれのテーマが浮き彫りになったり、癒やしのチャンスが訪れるということは、

ひしひしと感じています。

 

 

さて、僕のケースも、ちょっと極端ではありますが、

ご紹介しておきたいと思います。

妻も前回の記事で書いていますが、

僕自身は家・部屋に、こだわりがあまりなく、

そもそも”自分のもの”でもあるという意識がありませんでした。

それは一緒に暮らし始めた頃から、ごく最近まで変わらないというか、

ひょっとしたら今でもそういう部分があるように思います。

 

では、自分にとっての部屋、というかスペースを見出していたのかというと、

カバンひとつ

 

だったりします。

今でこそかなり小さなカバンを持つようになりましたが、

以前は小ぶりなスーツケースが、

デフォルトでした。

 

会社員時代は、出張がとても多かったので、そのせいもあるのですが、

・替えのスニーカー

・本数冊

・パソコン

・タブレット

・常備薬

と、感覚的に、いつも、”必要なものはすべて手元にある” というような状態でした。

 

 

ですから、部屋に置いてるものは、基本捨ててもらっても問題ないとも思っていたり、

興味がないのか?と聞かれれば、

まぁ、本当にあまり興味はないというのが正直なところで、

妻がhappyならそれがいい。というのが希望なくらいなのです。

 

 

僕達夫婦は、

仕事柄もあり、そいうった反応が、とても敏感に対話のきっかけとなるので、

色んな対話や、ワークがあったりもしたのですが、

大きくその感覚が変わってきたのは、

息子の部屋づくりを考えるようになってからかもしれません。

 

それまでは、妻はより主体的に関わることを望んでいることを知りつつも、

”妻がハッピーな状態”以上に、僕の希望するものはありませんでしたから。

 

でもこの頃は、

息子の安全確保や、快適さ、おもちゃの好み、などなど

いくつかの要望や、自主的な関わりが出て入るかなー。と感じつつ、

カバンの中身も少し、軽くなっています。

 

この僕の体験のバックグラウンドにあるものは、

まぁ確かに色々と分析はできますし、

これから、同じくように、住まいを共にするにあたり、

個々のテーマが浮き彫りになるカップルもあるかと思います。

そんな中、ひとつとても重要だな、と感じているのは、

 

個々のテーマと向き合う勇気と、

合わせて、

2人が2人らしく快適である道を探ること。

 

このふたつを並行していけば、

絶対的な正解はなくても、

サポートとなる方法はたくさんあって、

そして、それを自分たちらしく活用していけるのではないかと思います。